文字サイズ

どこどこDr. スペシャリストデータ

氏名
二村 省三 ふたむら しょうぞう Doctor
職種 医師
得意な分野 免疫学、乾癬、自己免疫性水疱性疾患、皮膚アレルギー、細菌毒素
-----------------------------
勤務先 ふたむら皮膚科
所在地 〒570-0061 大阪府守口市小春町2―15(DOIメディカルセンター2F)
電話番号 (06)6991-3724
病院外観
ステロイド剤の
使用に関する方針
(アトピー性皮膚炎に限って)
アトピー性皮膚炎の治療には、免疫学的概念とエビデンスに基づいて、ステロイド外用剤と保湿剤、そして免疫抑制剤を使用します。基本的には「アトピー性皮膚炎治療ガイドライン」に沿うと考えて差し支えありません。皮疹の重症度、年齢、部位によりステロイド外用剤を選択し、個々の治療目標を定めて加療します。全例にステロイド外用剤が必要なわけではありません。
治療方針と患者さん
への メッセージ
(アトピー性皮膚炎、特に小児アトピー性皮膚炎について)
アトピー性皮膚炎は、免疫学的な要素を基礎に、環境因子(特異的、非特異的)が増悪発症因子として作用する慢性の炎症性疾患です。当科では、この「複雑な病態を理解してもらう」診療を心がけています。患者さんやご両親のご理解が治療継続に必須と思います。具体的な治療は治療目標を定めた後、ステロイド外用剤、保湿剤、免疫抑制剤の他に、narrow band UVBという光線療法などを選択します。小児では食物感作されている場合もあるので、経過により除去食療法を指導します。基本的に、小児アトピー性皮膚炎の大多数が無理なくコントロールできますが、一部に難治な例もあります。
著書(紹介記事) ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS)の表皮剥離機序(二村省三他2)
  皮膚科Mook Vol.17 今村貞夫 小川秀興 荒田次郎 編 金原出版 1990年

ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群 (二村省三他2)
 皮膚臨床電顕アトラス Vol.2 広根孝衛 鈴木哲之 編 講談社 1989年

皮膚科 細菌性の疾患 (二村省三、朝田康夫)  医学と薬学 特集
  細菌感染症の病態と治療  自然科学社 1991年

アレルギーの知識と情報

SALES INFORMATION